Office 2019

Microsoft Office 2019はWord、ExcelやPowerPointなどのアプリケーションを使用してユーザー生産性を向上させる事ができる最高のオフィススイートです

MicrosoftのOfficeはビジネス分野におけるリファレンスとなるオフィススイートに成長しました。しかしもちろん個人の使用でも大切な地位を占めており、生産性の向上に繋がります。時間とともに進化し新しい機能を追加し初期の機能もアップデートされてきました。2018年9月24日にリリースされたOffice 2019は現在Office 365へクラウド経由でデーターを移送したいすべてのユーザー向けのMicrosoftのソリューションであり、Windows 10に対応しています。

オフィススイートに含まれているツール

これにはコンプリートな複数のツールが含まれておりそれによって必要とするどんなオフィスタスクも実行する事が可能となります。その主なソフトウェアは以下のものです:

  • Word:ドキュメントにアクセスし、テキストや画像を追加し、様々なテーマに関して研究し、プレゼンテーションの作成やチームワークでの変更を確認したりコントロールすることが可能なテキストプロセッサーです。
  • Excel:計算シート作成ツールです。簡単に数字を使ったタスクを行うことが可能で、データーによってグラフィックを作成したり、パターンやトレンドの識別、カラーエンコードが可能です。
  • PowerPoint:テキスト、画像や動画でプレゼンテーションを作成するツールでトランジション、アニメーションや動きを加えるためにゼロから作成したりテンプレートの活用ができます。
  • Visio:ベクトルアートのソフトウェアで複雑な情報をグラフィックで表示する助けになりスムーズなダイアグラム、プロセスマップ、組織図グラフィックやフロアマップなどを複数のデーターから作成することが可能です。
  • Project:プロジェクトマネジメントツールです。プロジェクトプランを作成しチームを編成しリソースを割り振り、進行状況を確認しそれぞれの予算を管理する助けになります。
  • Outlook:受信ボックス、サーバーや連絡先の管理を行うための必要なツールをすべて備えている電子メールクライアントです。
  • Access:データベースマネジメントツールです。これによってコードを書かずにデータベースの作成が可能です。テンプレート、瞬間的にフォームを作成すること、生産性を向上するための様々なタイプの方式やアシスタントを活用することが可能です。

Officeはあなたの必要とするオフィスタスクを一つのコンプリートで直感的なソフトウェアにまとめています。

Office 2019にはどんな新機能があるか?

Microsoftは毎年アップデートを繰り返しています。Officeの2019バージョンでは手書き入力や顔認識機能などの新しいツールを追加しています。そのような新機能の数はたくさんありますが、その中から主要な物を以下に列挙します:

  • ドキュメント、計算シートやプレゼンテーションにSVGビジュアルアイテムを追加することが可能となるのでさらなるビジュアルインパクトを与えることができます
  • Excel、Word、VisioとPowerPointで手書き入力を加えることが可能となります
  • 単語、フレーズやテキストの選択した部分を翻訳するためにMicrosoft Translatorを追加できます。
  • WordでLaTeXシンタックスを使用して数学方程式の作成が可能です。
  • PowerPointのスライドショーのアイテムにアニメーション、トランジションやスムーズな動きを新しいトランスフォーメーションツールを使用して作成できます
  • スライドショーを動かすのにSurfaceのペンや他のBluetoothボタンを持つペンを使用できます。
  • Excelにチェーン融合、CONTACT、SI.CONJUNTなどの機能が追加。
  • Accessに新しい11ものグラフィックタイプが追加され大きな数字の計算を効率的に行うためのビックナンバーデータータイプが追加。
  • Visioでは組織図、アイディアラインとSDLが新しいスタートダイアグラムを持ちそれにより素早くアクセスして使用できるようになります。
条件と追加情報:
  • 対応OS Windows 10.
Microsoft
1年以上前
2022年01月03日
3 GB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続